<< スタッフ求む! | main | BANBANBAZAR Live >>

RAKUGAGI CONVERSATION

June.2017

 

6/16(金)〜6/30(金)

 

山崎 円城 × 管 拓也  JOINT EXHIBITION

 

『落書きカンバセーション』

 

at Cafe&Diner Days386/Hair Salon *hana

 

 

 

 

 

夏の喧騒を目前にした葉山にて、

徒歩30秒ほどの距離にある海沿いのダイナーと美容室をキャンバスに、

14日間にわたって繰り広げられる、詩人と絵描きの落書きカンバセーション。

 

 

 

詩人/山崎 円城

 

1990年頃よりグラフティやダギング等の手法で公共の壁を使って言葉や詩を発表し始める。
1993年頃より渋谷や横浜の路上で、バンドセットを持ち込んでのフリーセッションを始め、Noise on Trashに。
Vo + を担当し、数々の作品を発表する。
2003年よりF.I.B JORNALを開始。計5枚のフルアルバムを発表している。
ジャズパンクと称されている。
2013年、等価交換で詩集をリリース。
2014年、DOARAT、MARUA、DWARFから、詩のタギングした服・アクセサリーを発表。
2015年、ホーンセクションとストリングスを加えた編成、Orquesta F.I.B JOUNAL Ghetto Stringsを発表する。
2016年、The Minimalizeとのダブ・ポエトリー、7インチレコード「Poet in dub」発表。
また2016
年10月、等価交換で二作目の詩集をリリースした。
http://madoki-yamasaki.org

 

 

 

絵描き/管 拓也

 

既成概念を壊しながら「何を」描くかではなく「どのように」描くかを、
「今まさに描こうとしている細部としてのライブ感」をベースに作品を制作。
モントリオール、メルボルン、シドニーなどの展示や羽田空港内ロイヤルパーク ザ ホテルの客室へのアートワーク提供、
東京芸術劇場でのグループ展、芸術劇場ホールグランシップの巨大ショーウィンドウでの作品展示などを経て、
現在はフリーランスとして活動し、KEMONOGAREでは詩的アクションを探求している。
www.facebook.com/hitolisugar

 

 

 

6/30(金)  Closing Session at Days386

 

Open/19:00 Live&Painting Start/20:00- Charge/1500yen(+1D)


Live/山崎円城 + Little Woody + KEMONOGARE

 

 

 

※尚、両店舗ともに通常営業中の開催となります。店内の作品を閲覧される際は各店舗をご利用下さいませ。

 

 

 

at 15:31, bacci, bacci

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://384.hayama87.com/trackback/1424098