ご馳走

まだ1月なのに、今日はまるで春のような一日。
晴れわたり青空が心地いい。
そんな日は流れにまかせてみるといい。
入っていた予定は歯医者だけ、あとはノープラン。
波が有るのはわかっていた。もう2ヶ月も入ってないしすぐにでも行きたい気分。
それじゃあ、今までと同じだなって思い。
ちゃんと歯医者へ。
サーフィンもしたいけど車にも乗りたいし、お腹もすいた。
それにビールも呑みたい。
やりたい事だらけだな、オレ。
逆らわず、思ったとおりに。
なんとなく夕日を見ながらサーフィンしたいなぁって。
ちゃんと沈むまで。
良い波に乗るのもいい。
でも今日は、頭の中に サーフィン のイメージが出来上がった。
波はそこそこでも、空気感・景色・友達。そしてサーファーは僕1人。
なんて贅沢なんだろう、このイメージ。
何度も乗っていると、浜辺を散歩している友達に会い、浜に上がり話す。
お互いに笑顔の気持ちいい会話。また、海に戻る。波に乗る。
また友達を見つけて話す。気持ちいい笑顔で。
夕日が僕らを照らす、ありがたい。
こんな繰り返しは、ずーっと続けばいい。
きっと、幸せだ。
流れにまかせる感覚はすばらしく素晴らしい。
誰とも打ち合わせはしていない。

偶然な必然

必然な偶然。


ステキな一日をありがとう、大自然。

ごちそうさまです。





コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL